MENU

SHOCUTE

Break fast

この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

<旧市街内>

【ショキュート】美味しいアメリカンブレックファーストも食べれる、タイ料理軽食店。

2016年11月にオープンしたばかりの店だが、既に現地の人・海外旅行者問わず、賑わっている。
タイだけど、美味しいブレックファーストが食べたいときにはこちらへどうぞ。

一枚目の写真は55B(×3前後でだいたい円の値段になります。レート参照)の
ブレックファースト
卵が4種類の調理法から選べる。写真はOmelet(オムレット)。
野菜が添えてある2枚のトーストと、バターとジャム、卵料理のセットだが、
これに10、20、30バーツ足していくと、ハム・ベーコン・チーズの中から
それぞれ1種、2種、3種足せる。

他にもコーヒーやフルーツなど、様々に組み合わせたブレックファーストセットがあるが一番豪華なのは
American Breakfast(アメリカン・ブレックファースト) 95b
Egg: fried/omelet/scrambled/poached
+ham or bacon or cheese
+2 slices of toast or 1 croissant with butter & jam
Tea or coffee or ovaltine
+fresh fruits

ブレックファーストから、トーストかクロワッサンか選べるようになり、
1チョイスも予めついている。
さらにコーヒーか紅茶、オバレインというココアのような飲み物を選び、
フレッシュフルーツの小さめな盛り合わせもついてくるフルセット。
二枚目の写真に、飲み物とフルーツを足したもの状態である。

手軽な値段で楽しめるタイ料理や、パスタやタイと洋風のデザートのメニューもある。
タイ料理は写真8・9枚目のように写真もついているものもあるので安心。
大概が、豆腐・野菜/チキン・ポーク/エビの中から選べるので、好みが違う人と来ても困らない。

3・4・5・6枚目のタイ料理はそれぞれ
カオソーイ・グラスヌードルパッタイ・グリーンカレー・タイスキヤキ。
カレーはご飯付で、蝶々の形作られたご飯が添えられていた。
順に、45、40、50、40バーツ(具により多少異なる)。

店内は清潔で、遊び心がそこかしこに見える。(写真10-12枚目)

筆者最新来店日 2016年12月8日

朝ごはん
昼ごはん
夜ごはん
間食
スープ料理 、ご飯料理 、麺料理 、粉料理 、ファーストフード 、カフェ・デザート 、レストラン 、タイ料理 、その他欧米料理

店舗情報

2017.05.10 更新
このお店は閉店しました。
平均予算(朝) 80バーツ
平均予算(昼) 50バーツ
平均予算(夜) 100バーツ
予約 できない
カード利用 できない
日本語メニュー なし
日本語での会話 できない
現地芸能人来店 不明
日本芸能人来店 不明
※ 店舗情報は、取材時のものであり、店舗側の都合により情報が変更されている可能性があります。ご利用の際は、必ず事前にご確認ください。

店舗詳細情報を見る

※ 店舗詳細情報を見るには、200円(税込)/1店舗のシステム利用料がかかります。
この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

Copyright(c) SHOCUTE All Rights Reserved