MENU

SHOCUTE

Chopped Cheese

この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

<ハーレム周辺>

【ショキュート】ニューヨークの隠れた名物サンドイッチ

ニューヨークと聞いてすぐに連想する食べ物といえば、ホットドッグ、$1ピザ、ベーグル、プレッツェルなどでしょうか?
ニューヨーク住民の間でよく知られているサンドイッチがあります。

ニューヨーク住民といっても、アーチスト気取りの田舎者や、高級志向の大金持ちではなく、特にマンハッタン、アップタウンやブロンクスの一般住民達の間で定番の『チョップチーズ』。

ニューヨーク市内の至る所にあるコーナーストア、通称ボデーガ(Bodega)とは、大手スーパーマーケットではなく、日用品やスナック菓子、タバコやコーヒー、
宝くじ券などがいつでも買える便利な小売店。
小さなキッチンもあって、各種サンドイッチを作ってもらえるのですが、ここで紹介するのは『チョップチーズ』、そしてそのチョップチーズの発祥元のブルースカイデリ 通称ハジーズ。
実はこのお店、2016前半にチョップチーズとアメリカの都会で賛否両論を浴びている問題がらみで、ちょっとした注目を浴びました。
今から約20年前のチョップチーズの考案に至る経緯は諸説ありますが、基本的には、ハンバーガー用のパテをグリル場で崩して焼き、その上に好みのチーズを乗せ溶かし、レタスやトマトとともにマヨネーズとケチャップをうっすらと塗ったヒーロと呼ばれるパンに挟んだもの。 

フィリーチーズステーキに似ていますが別物です。今やハーレムやワシントンハイツ、ブロンクスに広まり、どこのボデーガでも注文できるほどになりました。 お店ごとに少しスタイルが違うのも面白いところ。筆者はハラペーニョのピクルスを入れてもらうのが定番です。チョップチーズ夜食に最適なのですが観光客にはランチとしてお勧めします。

ここでは発祥のお店ということでハジーズを紹介していますが、ハーレム以北にあるボデーガなら大抵売っているので、通りがかりにトライしてみませんか?
ほとんどのお店では他のサンドイッチ同様テイクアウトのみとなっています。

昼ごはん
間食
アメリカ料理  、ファーストフード 、デリ・ビュッフェ 、パン料理

店舗情報

2017.03.22 更新
平均予算(朝) 5ドル
平均予算(昼) 5ドル
平均予算(夜) 5ドル
予約 できない
カード利用 可能
日本語メニュー なし
日本語での会話 できない
現地芸能人来店 あり
Aaliyah, Cam'ron, Damon Dash
日本芸能人来店 不明
※ 店舗情報は、取材時のものであり、店舗側の都合により情報が変更されている可能性があります。ご利用の際は、必ず事前にご確認ください。

店舗詳細情報を見る

※ 店舗詳細情報を見るには、200円(税込)/1店舗のシステム利用料がかかります。
この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

Copyright(c) SHOCUTE All Rights Reserved