MENU

SHOCUTE

招牌鍋貼

この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

<師大・公館周辺>

【ショキュート】日本人が食べたい[焼き餃子]が主役のお店

【一人OK】
台湾では水餃子もしくは蒸し餃子が一般的ですが、こちらのお店では[焼き餃子]が看板メニューです。
場所は駅から数分で着きますが、大通りから一本、二本と奥に入ったところなので、観光客を見かけたことはないお店です。

こちらの焼き餃子は「招牌鍋貼(ジャオパイグゥォティエ)」というメニュー名になります。
最小単位が10個。15個単位でも可能です!

オーダー表に記入し、お店の人に渡してください。お箸やタレなどはセルフサービスなので、自分で用意します。
そんなことをしているうちにすぐに料理が運ばれてきます!

こちらの焼き餃子は形が特徴的!かなり細長い、スリム体型です。

メニュー名の鍋貼の字の通り、まるで何かに貼ったかのような焼き色。
この焼き加減を見ているだけで食欲がでてきます!!ちょうどよい塩梅です!

中は肉と白菜などの野菜がちょうど半々で入っており、食べごたえ十分。にんにくもきいています!
細長いので、絶対に一口、二口では食べれません(笑)

見た目はけっこう油っぽそうですが、食べてみるとそこまで油っぽくはないです。

日本では餃子を食べるとき、ビールがほしくなると思うのですが、なぜか台湾では「豆乳」がほしくなります。
日本では考えられないですが、台湾の餃子屋さんではよく台湾版の甘い豆乳を販売しています。
どういうわけだか、餃子にこの飲み物が合うんです。今回も20元支払い、この豆乳を飲みながら餃子を食べました。
みなさんもぜひお試しください。

1‐2枚目:招牌鍋貼(ジャオパイグゥォティエ)
3‐4枚目:メニュー
5枚目:調味料おきば、お箸おきば

※記載の料金は2016/6/30現在の価格です。

昼ごはん
夜ごはん
間食
台湾料理

店舗情報

2016.07.01 更新
平均予算(朝)
平均予算(昼) 100元
平均予算(夜) 150元
予約 できない
カード利用 できない
日本語メニュー なし
日本語での会話 できない
現地芸能人来店 不明
日本芸能人来店 不明
※ 店舗情報は、取材時のものであり、店舗側の都合により情報が変更されている可能性があります。ご利用の際は、必ず事前にご確認ください。

店舗詳細情報を見る

※ 店舗詳細情報を見るには、200円(税込)/1店舗のシステム利用料がかかります。
この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

Copyright(c) SHOCUTE All Rights Reserved