MENU

SHOCUTE

南タイ料理

この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

< アソーク周辺>

【ショキュート】【ひとりでもOK】辛いけどクセになる南部のタイ料理☆

タイの南に位置するチュムポン県出身のオーナーが始めた家庭料理のお店。
バンコクに住んでいても馴染みのうすい南タイ料理。
プリッキーヌ(辛みの強い緑の唐辛子)やガピ(小エビを塩漬けにして発酵させたもの)を使った「激辛・甘さ控えめ、だけれど独特の風味のある」のが特徴です。
イサーン料理(タイの東北地方の料理で、定番のガーヤーン=焼き鳥やソムタム=パパイヤサラダには飽きてしまった方、激辛タイ料理に挑戦したい方にオススメ。
日本ではなかなかお目にかかれない料理ですよ。

おすすめは、写真1枚目 サトーパットクン(サトー豆とエビの炒め/180バーツ)。
南部を代表するサトー豆は、中国では臭豆と呼ばれている通り独特の臭みがあるようですが、ガピと炒めることで税妙に臭みが調和され、うまみが増します。<メニューNo.2>
激辛に挑戦したい方には、写真2枚目 クアクリンムーサップ(豚のひき肉香草和え)/150バーツ<No.1>
プリッキーヌをよけて食べるのが賢明ですが、それでも辛いです。ご飯もビールもすすみます。
ちょっと辛いのは苦手という方は、写真3枚目 パイリアンパットカイ(リアンの葉と卵炒め)/220バーツ<No.91>や、写真4枚目 クンマカーム(海老のフライのタマリンドソースがけ)/380バーツ<No.72>、5枚目のムーホン(豚の角煮)/180バーツ<No.32>など、スープや卵料理も充実していますのでご安心を。
ちなみに、6枚目は、カオヤムパックターイ(ハーブとタイ南部のブードユーソース混ぜご飯)/160バーツ<No.108>。野菜とハーブをごはん、それに魚ベースの甘いたれ(これがプードゥー。メニューではプードユー)と和えていただきます。

バンコクには2店舗ありますが、ランチ時はハイソなタイ人でいつも満席。
時間がない方は予約した方が確実です。
日本人用の写真付きメニューもありますので、オーダーも簡単ですよ。

昼ごはん
夜ごはん
タイ料理

店舗情報

2017.01.28 更新
平均予算(朝)
平均予算(昼) 200〜バーツ
平均予算(夜) 200〜バーツ
予約 可能
カード利用 可能
日本語メニュー あり
日本語での会話 できない
現地芸能人来店 不明
日本芸能人来店 不明
※ 店舗情報は、取材時のものであり、店舗側の都合により情報が変更されている可能性があります。ご利用の際は、必ず事前にご確認ください。

店舗詳細情報を見る

※ 店舗詳細情報を見るには、200円(税込)/1店舗のシステム利用料がかかります。
この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

Copyright(c) SHOCUTE All Rights Reserved