MENU

SHOCUTE

タイ家庭料理

この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

<ドゥシット周辺>

【ショキュート】【ひとりOK】小学校の敷地内にある素朴な食堂

ラマ6世が建てた小学校の敷地内にある食堂。
素朴な雰囲気で、古きよき日本の食堂を思わせる佇まい。
タイ文字のメニューもありますが、屋台やフードコートようにおかずが陳列されているので、欲しいものを指差して注文します。
タイのおふくろの味を思わせる、素朴だけど飽きのこない味わいです。

1枚目 カイパロー(ไข่พะโล้=タイ風豚の角煮)/60バーツ
 中華風の味付けで、辛いものが苦手な方におすすめ。
2枚目 ナムプリックオン(น้ำพริกอ่อง=トマトと野菜のディップ/120バーツ
 北タイ料理で、トマトと豚ひき肉をトゥアナウという納豆を乾燥させたような味の調味料などで味つけたミートソー ス。添えられた野菜につけていただきます。辛さはなく、日本人の口に合います。
3枚目 ゲーンガイ(แกง ไก่=チキンカレー)/55バーツ
4枚目 ゲーンキアオオワーン(แกงเขียวหวาน=グリーンカレー)/55バーツ
5枚目 カオチェー(ข้าวแช่=冷や水かけごはん)/200バーツ
 タイの夏(3月〜4月)にのみに味わえる料理。
 発酵させたエビのペースト(カピ)をボール状にして揚げたもの、シシトウの肉詰め、細く裂いた甘い豚肉や赤玉ネ ギを揚げたものなどとセットで出されます。
6枚目 アンチャン(อัญชัน=バタフライピーという花のハーブティー)
 この青は天然の色。アンチエイジングに効くといわれています。
7枚目 ロティ(โรตี=無発酵のパン)
 カレーにつけていただきます。

メニューにはカオパット(ข้าวผัด=タイ風焼き飯)/55バーツ〜やラートナー(ราดหน้า=クイッティアオ(ก๋วยเตี๋ยว=米粉の麺)の餡掛け)/55バーツ〜、パッタイ(ผัดไทย=タイ風焼きそば)/55バーツ、ヤムウンセン(ยำวุ้นเส้น=タイ風春雨サラダ)/60バーツ〜などがあり、定番のタイ料理なら、ガイドブックの写真を差して食べたいものをリクエストしてもよさそうです。

朝ごはん
昼ごはん
夜ごはん
タイ料理

店舗情報

2016.04.23 更新
平均予算(朝) 100〜バーツ
平均予算(昼) 100〜バーツ
平均予算(夜) 100〜バーツ
予約 できない
カード利用 できない
日本語メニュー なし
日本語での会話 できない
現地芸能人来店 不明
日本芸能人来店 不明
※ 店舗情報は、取材時のものであり、店舗側の都合により情報が変更されている可能性があります。ご利用の際は、必ず事前にご確認ください。

店舗詳細情報を見る

※ 店舗詳細情報を見るには、200円(税込)/1店舗のシステム利用料がかかります。
この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね!
この記事が気に入ったら「いいね」してね!SHOCUTEをフォローして最新情報をゲットする。

Copyright(c) SHOCUTE All Rights Reserved